北イタリアにある美しい水の都ヴェネツィア!憧れのこの地に初めて足を踏み入れた瞬間は感激でした。

まるで絵はがきのようなヴェネツィアの風景と青い空。どこをとっても絵になる!!

イタリアで最も美しい街と言ってもいいと思います。

スポンサーリンク

ヴェネツィア本島

image001

ヴェネツィアはヴェネツィア湾にできた潟(ラグーナと呼ばれる)の上に築かれた、運河がいたるところにある水の都。

島内は車が進入することはできず、移動手段は徒歩か水上バス、ゴンドラです。

まるで迷路のように入り組んだ小さな路地ばかりで、地図を持っていても迷子になってしまうくらい。

ヴェネツィアへは、鉄道か車かバスで本島の入り口まで行きます。ヴェネツィア本島に入ると、すぐに目に飛び込んでくるのは、本やテレビで見たあの景色。

美しい・・・テンションがいきなり上がります。

ここから30分くらい歩いて、ヴェネツィアの中心、サンマルコ広場を目指します。

サンマルコ広場

image003

これは広場にあるサンマルコ寺院のテラスからの風景。サンマルコ広場はこのように四角い広場です。

スポンサーリンク

夜のサンマルコ広場

image005

満潮の夜になると水が上がってきてこんなふうになります。時期によっては膝上まで水があがることもあります。

リアルト橋

image007

運河が縦横にあるヴェネツィアでは橋が無数にあります。大きな橋から小さな橋まで約400もあるそうです!

その中でも有名なのが「リアルト橋」。

ヴェネツィアの運河「カナル・グランデ」に架かる4つの橋のうちのひとつ。

ヴェネツィアの商業はこの橋を中心にして栄えたそうです。

Ponte dei Sospiri(ため息橋)

image009

左側の建物と右側の建物、随分と雰囲気が違うと思いませんか?

左側の建物はドゥカーレ宮殿、そして右側は牢獄だそうです。

橋には石でできた格子のある窓がついており、囚人が投獄される前に見る最後の美しいヴェネツィアの景色をため息をつきながら見た、というところからため息橋と呼ばれるようになったそうです。

この橋の下はゴンドラで通ることができます。

また、牢獄も公開されているので、ため息橋を通り窓からヴェネツィアの景色をみることもできます。

水路

image011

ため息がでるほど美しいヴェネツィア。ちょっとした街角の風景がなんでも絵になりますね・・

ヴェネツィア本島以外にも周辺には小さな島がたくさんあり、そのどれもがとても美しいです。じっくり時間をかけて船でいろんな島を見て回るのもおすすめ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
海外旅行ってどれくらいかかる?お得に探そう!

テレビCMでも話題!世界中8000万人が利用するホテル検索サイト 国内旅行から海外旅行までホテル探しなら、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ。

楽天トラベルや、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど国内外400社以上の旅行サイトが提供する180万軒以上のホテル宿泊プランを一度に比較、お得なの宿泊プランを検索できます。

たったの数秒で希望に合ったホテル検索 検索はいたって簡単!

旅行先と日付を入力するだけで各社が提供する宿泊プランを一度に比較、更に詳細な条件 検索や、並び替え機能を利用すれば予算や希望に合ったホテルをったの数秒で絞り込むことができます。

お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴ

お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴ

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク