古代ローマの一大娯楽施設コロッセオ及びその周辺からローマ文明の偉大さを実感しましょう。

コロッセオ、凱旋門からフォロロマーノまで有名スポットをご紹介した観光ガイドです。

チケットは共通なのでお得にめぐりましょう♪

スポンサーリンク

ローマ市民の最大の娯楽施設 コロッセオ/ローマ

image001

コロッセオはローマ市民の最大の娯楽施設。剣闘士や猛獣同士が戦っている姿に当時の人々は熱狂したといいます。

その収容人数はなんと数万人にも及ぶほど、現代のスタジアム並みです。

コロッセオを一目見たら、西暦80年にこれほどの規模の建物があったことに驚愕すること間違いなしです。

ただし、コロッセオは人気スポットのためチケット購入に時間がかかることも。

チケットはフォロ・ロマーノやパラティーノの丘と共通券であるためそちらを見学後訪れる方がよいかもしれません。

地下から4階まであるコロッセオ/ローマ

image002

コロッセオは地下から4階までで成り立っています。のんびり見学する場合は2時間ほどあるといいでしょう。

地下には奴隷や猛獣を収容した牢があり、迷路のような仕切り壁が残っています。

これだけ座席があっても1階は貴族などのVIP席、2階は一般席、また性別や職業などによって細かく座席は決められていたそうです。

ローマ帝国が崩壊後コロッセオは忘れられた存在となりますが、中世以降、使用されていた大理石が建築資材として持ち出され、次第に荒廃していきました。

スポンサーリンク

コロッセオの大道芸人/ローマ

image003

コロッセオの周辺には剣闘士の扮装をした大道芸人などもいます。

チップを払えば古代ローマの扮装をして一緒に写真撮影をしてもらえます。

なお、人気観光地は何かと物騒なので油断は禁物です。

スリに注意するのは当然ですが、この周辺ではミサンガ詐欺にも要注意。

日本語で親しげに話しかけてきてミサンガを勝手に腕に巻き付けてきますが、プレゼントだと思っていると大間違い。

ミサンガ代を無理やり請求しお金を支払うまで付きまとわれますよ。

コンスタンティヌスの凱旋門/ローマ

image004

コロッセオのすぐ近くに唐突に現れるのは、315年に建造されたコンスタンティヌスの凱旋門。

コンスタンティヌスはキリスト教を公認した初めてのローマ皇帝として有名ですが、ローマ帝国は既に衰退していたため建築資材は不足しており浮彫はほかの建物から転用されたものだそうです。

周辺にはお土産屋やジェラートの屋台等あるのでぶらぶら眺めながらフォロロマーノ方面に歩いていきましょう。

天気がいい日に食べるジェラートは格別の味です。

フォロロマーノ/ローマ

image005

フォロロマーノはコロッセオのすぐ近くで、コロッセオのチケットと共通で入場できます。

こちらは古代ローマの政治・経済の中心地。歴代皇帝たちが己の権威を示すために巨大建造物を建設していきました。

今ではすっかり廃墟ですが、当時の神殿の柱などが残っており、当時の栄華が想像できます。

遺跡内は足場が悪く、じっくり見学する場合は2時間ほどかかるので歩きやすい服装で訪れるとよいでしょう。

時間がある場合は同じく共通チケットで入れるパラティーノの丘もお勧め。

展望テラスからフォロロマーノを見渡すことができますよ。

スポンサーリンク
さっそく海外旅行の価格やプランを探してみよう!
Booking.com 世界最大の宿泊予約サイト
予約手数料無料、最安値保証で賢く節約!
Booking.comは 世界最大級の宿泊予約サイトです。
新しいセールを毎日追加し、様々なご予算に合わせたお部屋をご用しています!

世界各地のホテルを対象とし、39万軒のバケーション施設を含む世界223ヶ国、8万の目的地別で検索が可能!

実際の宿泊者からのクチコミ数は7,770万件を超えています。
また、24時間年中無休で日本語の他41ヶ国語で対応しているのでサポート体制も万全で、初めてのオンライン予約でも安心です!
格安航空券モール 国内線の比較・購入サイトの決定版
ANA・JAL・スカイマーク・ジェットスター等をはじめとする、国内線14の航空会社のチケットを販売
航空会社の検索では見つからない横断検索で、当店最安値の航空会社を探すことができます。
最大約83%OFF(2017年1月現在))だから、お客様にも大変喜ばれています。成約率も高い当店のプログラムをぜひお試しください!
フライト3時間前まで予約が出来るので、急な出張でも安心!簡単&スピーディに格安チケットを予約する事が可能です。最安値をリアルタイムでチェックしながら、あっという間に購入できる24時間営業のオンラインチケットショップ!

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク