茨城・那珂湊の市場で海鮮グルメな観光
スポンサーリンク

茨城県の那珂湊(なかみなと)への行き方

茨城県の那珂湊(なかみなと)の全体

茨城県の人気観光スポット、那珂湊は茨城県のひたちなか市にあります。那珂湊は那珂川と涸沼川の合流する河口付近に位置し、「那珂湊市」という自治体にありましたが、1994年に那珂湊市と勝田市と合併して「ひたちなか市」に生まれ変わり、今はひたちなか市の一部です。現在は「那珂湊」という地名は「那珂湊漁港周辺」という意味合いで使われることが多いです。

首都圏から車で行く場合

那珂湊への行き方は首都圏から車で行く場合には、東北自動車道から北関東自動車道を通り、水戸大洗インターチェンジで一般道に出てから車で20分ほど移動すると到着します。(多くのガイドマップ的にはひたちなかインターチェンジとなっていますが、高速道路の料金節約と道中のにぎやかさがあるため首都圏から行く場合には水戸大洗インターチェンジで降りるのがお勧めです!)

電車で行く場合

電車で行く場合は、ひたちなか海浜鉄道湊線の「那珂湊駅」下車して10分です。

那珂湊観光のための持ち物・魚介類のお土産を買うための準備


那珂湊に行く時には、クーラーボックスやクーラーバッグを持っていくようにしましょう。マグロ、イカ、地魚、干物まで、那珂湊のおさかな市場には新鮮な海の幸がたくさん売られています。お土産に新鮮な魚介類を持ち帰るためにも、持ち物にクーラーバッグは必需品です。お土産を買うときには、とりあえず値切ってみましょう!

那珂湊の市場の駐車場

那珂湊の市場の駐車場

那珂湊のおさかな市場周辺で駐車場を探すと、コインパーキングになっており駐車場周辺は道路も大変混雑します。有料の県営駐車場は約600台が用意されており、土日など混雑するときには臨時駐車場もつくられることがあります。有料の県営駐車場へ入場するための渋滞が発生することが多いので、渋滞をさけるために臨時駐車場から攻めてみるのもありです。

港の施設や、広い路肩などがあるので車を駐車している人も目立ちます。こちらは駐車料金などはなく無料で駐車できますが、迷惑にならないよう自己責任ですね。

那珂湊おさかな市場・那珂湊漁港で海鮮グルメ

那珂湊のおさかな市場には、目の前の太平洋で捕れた魚が、水揚げされ、せりおとされた魚が店に並びます。他にない鮮度の良さ!!

冬に行くなら那珂湊のあんこう料理

茨城県の海の幸といえば色々ありますが、那珂湊に行き目を引く名物といえば「あんこう」です。あんこうは、全身ほとんど食べることができる大きな魚なので、吊るした状態でさばいていく独特の解体をタイミングがいいと見ることができます。あんこうの旬は冬の時期です。那珂湊の中の飲食店では、あんこう鍋などの観光グルメを味わうこともできます。

おさかな市場以外にも、那珂湊周辺にはあんこう鍋をお得なランチで提供するお店や、あんこうの炊き込みご飯など、あんこう料理がいっぱいです。散策して探してみるのも楽しいですね!

1年中食べられる!?那珂湊の生牡蠣

1年中食べられる!?那珂湊の生牡蠣

那珂湊で是非食べておきたいグルメといえば、生牡蠣もおすすめです。氷の上に山盛りになった岩牡蠣、それを威勢よく魚屋さんがむいて食すことができます。とても大ぶりな牡蠣ですが、お値段も良心的で満足感が高いです。那珂湊は、三陸など国内で採れた新鮮な生牡蠣を季節に関係なく通年食べられるという貴重な場所です。

目の前の太平洋でとれた海の幸!那珂湊の海鮮丼

目の前の太平洋でとれた海の幸!那珂湊の海鮮丼

市場の食堂に来たら、那珂湊に限らず海鮮丼も食べたくなりますよね。那珂湊の食堂では、豊富な海の幸をふんだんに使った海鮮丼を味わうことができます。那珂湊にはおさかな市場周辺にもランチを提供している飲食店がたくさんあるため、数量限定の定食、お値打ちの海鮮丼も色々あります。

もっと詳しいグルメ情報はこちらから 那珂湊おさかな市場公式サイト

那珂湊港では海釣りもできる?

那珂湊の港内では、魚釣りをしている人も多く見られます。足場がしっかりとしているので堤防釣りや投げ釣りを中心にファミリーなどで楽しめそうです。釣れる魚としては、アジ、イワシ、サッパ、スズキ、メバルなど様々です。

大洗・那珂湊はグルメで楽しい観光地

いかがでしたか?
大洗から那珂湊にかけては、近くまで高速道路で来ることができ、観光スポットも満載です。那珂湊に来れば、海鮮グルメも楽しめますし、新鮮な魚介類のお土産も楽しくショッピングできます。大きなクーラーボックスを持ってお出かけしましょう!

行きたくなったらいいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

スポンサーリンク