• 国内
    唐招提寺を訪ねる。古都奈良にたたずむ静かに凛とした場所。
    2015/01/09
  • ヨルダン
    ペトラ遺跡を見に行こう!ヨルダンの文化遺産!新・世界の七不思議!
    2014/11/09
  • アメリカ
    ヨセミテ国立公園で癒される♪神々の遊ぶ庭♪
    2014/10/29
  • 国内
    天龍寺のおすすめ観光ガイド。京都嵐山の世界遺産を探訪しよう♪
    2015/01/12
  • チェコ
    プラハを地元民とめぐる旅♪中世にタイムスリップ!?
    2014/12/03
  • アジア
    マイナーだけど世界遺産!デリーのクトゥブ・ミナールがスゴイ!
    2014/09/18
  • メキシコ
    メキシコ・カンクンと世界遺産をめぐる旅!もう1度行きたいリゾート!!
    2014/11/15
  • ポーランド
    ポーランドの主要人物がいっぱい!ヴィエリチカ岩塩坑
    2015/10/31
  • スペイン
    コルドバで世界遺産を堪能する旅♪
    2014/10/18
スポンサードリンク

イタリアのフィレンツェをドゥオモからミケランジェロ広場までの観光ガイドです。きれいな景色とともに、旅の注意点もまとめました!

スポンサードリンク

ドゥオモ

image001

フィレンツェは小さい街なので徒歩で充分見てまわる事ができます。

フィレンツェのシンボルといえばドゥオモ(大聖堂)。

正式名称はサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂といい、花の聖母マリア大聖堂という意味です。

140年の歳月をかけて建設されたこの大聖堂、見事なイタリアゴシック様式です。

クーポラ

image003

このオレンジ色のドーム型の部分をクーポラと呼び、上まで登る事ができます。

常に混雑しているため入るためには行列に並ぶのは必須になるでしょう。

このドームの上に見える白い部分が頂上です。人がたくさんいるのわかりますか?ここを目指します。

頂上への階段

image005

登るための階段はかなり狭くて傾斜があるので、けっこう体力がいります。

下りてくる人とすれ違うのもけっこう大変。

ヒールを履いているとちょっと危ないかな?歩きやすい靴がおすすめ。

基本的にイタリアは穴だらけの石畳の道ばかりなのでヒールで歩くのは難しいのでご注意。

フィレンツェの街並み

image006

頂上に到着すると、眼下に広がるのは見事なフィレンツェの、オレンジ色の景色!

円形になっているのでフィレンツェの各方面を見渡す事ができます。屋根がすべて同じ色!

フィレンツェにはこの

大聖堂も含め名所の建物が見渡せる場所があります。アルノ川を渡って小高い丘を登って行くと、ミケランジェロ広場があります。

ミケランジェロ広場

image008

ここはフィレンツェを一望できる名所。

フィレンツェに来たなら絶対訪れたい場所です。

中心地からは少し離れているので、徒歩で30〜40分で行けますが、バスやタクシーを利用すると便利。

左に見える高い建物はヴェッキオ宮殿、大聖堂もよく見えますね!大聖堂の左にあるのはジョットの鐘楼。

ミケランジェロ広場に行くのは天気のいい昼間も良し、夕暮れ時も良し、そして夜景も美しいです。

フィレンツェに来たら外せない場所です。

でもひとつだけ気をつけたい事が。

広場に徒歩で登るときに、ときどき麻薬中毒者を救うとか、動物愛護だとか乳がん撲滅だとか、いろんな名目で募金を募っているグループがいます。

私が通りかかったときは女性2人組でした。

こういった類いの募金はすべて詐欺なのでご注意を!

最初は署名だけお願いします、といってから募金してくれた人の署名リストを見せてきて、そこにたくさんの日本人の名前が書かれていて募金額まで書かれており、強制じゃないけどよかったら募金してくれませんかと持ちかけてきます。

ミケランジェロ広場に行く際は気をつけてくださいね!

私は翌日この2人組をフィレンツェ駅のそばの広場で見かけました。

また違う名目で観光客から募金を集めていました。注意してくださいね!

画像出典:1

スポンサードリンク
関連キーワード
  • イタリアフィレンツェ最古の美しい橋『ポンテ・ヴェッキオ』
  • ローマ街道の女王アッピカ街道にローマ時代をしのぶイタリア旅♪
  • トレヴィの泉 を起点にローマ市内観光ツアー!とっておき観光スポット5選!!
  • コロッセオ、凱旋門からフォロロマーノまで、古代ローマにタイムスリップ!
  • コロッセオとフォロ・ロマーノを巡る♪永遠の都ローマ・古代遺跡ツアー♪
  • ウフィツィ美術館とヴェッキオ橋♪【花の都フィレンツェ】

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事