ワット・ポーは、タイ・バンコクで最も古くて大きい寺院のひとつです。

黄金に輝く寝姿の仏像「大涅槃仏」はバンコクを訪れたら必ず見るべきもののひとつと言えます。

サイズはとても大きく、高さ15メートル、幅は43メートルもあります。

スポンサーリンク

ワット・ポー/バンコク

ワット・ポーは、1788年にラーマ1世によって建てられました。「ワット・プラ・チェートゥ・ポン・ラーチャ・ワ・ララーム」が正式名称です。

もともとはタイに初めて出来た公立大学で、壁画や彫刻を通じて仏教や科学、文学を教える場所でした。

その後1962年には伝統医学とマッサージの学校となり、タイマッサージの本拠地となりました。

本堂の外には、91もの仏舎利塔があります。歴代ロイヤルファミリーの遺灰や仏陀の遺灰が収められているそうです。

大涅槃仏/ワット・ポー、バンコク

とても1枚の写真には収まりきらないほどの大きな像です。

柱があるため、なかなか体全体を撮るのが難しく、何枚もいろんな角度で写真をたくさんとってしまいました。

体全体を撮るなら足下から撮るのがよいのですが、そうするとあまりお顔が見えなくなってしまうのです。悩ましい!

よく見ると頭がドリアンのようにトゲトゲしており興味深いです。

耳の形も独特。静かに微笑む大涅槃仏を眺めていると、自分が仏教徒であることを思い出し、心が落ち着きます。

スポンサーリンク

大涅槃仏の足裏/ワット・ポー、バンコク

体も大きいですが、足の裏も大きい「大涅槃仏」です。足の裏の長さは5メートル、幅は1.5メートルもあります。

大涅槃仏のお顔、お体と共に、観光客は皆この足裏もカメラのシャッターを切っていました。

足指の指紋は一本一本丁寧に描かれ、その下には仏教とかかわり合いのあるバラモン教の宇宙観が108つの絵で描かれています。

ちゃんと数えませんでしたが、やはり108ぐらいありそうですね。この絵は、貝の一部をはめ込んで作られているので、輝いて見えますね。

108つの壷/ワット・ポー、バンコク

大涅槃仏の周りには108つの壷が置いてあります。

この壷ひとつひとつに、1サターンの硬貨を入れていくと、自分の煩悩を捨て去ることができるそうです。

やりたい人はお金を支払えば硬貨の入った入れ物を受け取れます。観光客も多く列は後ろに長く続きます。

後ろの人も待っているし早く入れなくては...と焦るうちに「あら、この壷にはもう硬貨を入れたかしら?」とよく分からなくなってしまいましたが、「煩悩を捨て去ろうという気持ちが大事」ということにしておきましょう。

ルーシーダットン/ワット・ポー、バンコク

タイ古式ヨガ「ルーシーダットン」に興味のある方は、朝8時に行くと皆でヨガをやっているようです。

先生の動きを見ながら、あわせてやってみましょう。伝統医学の本場でのヨガはきっと素晴らしいものになります。

最後に、おすすめの観光の順番をご紹介します。

まずワット・プラケオを観光します。その後ワット・プラケオからここワット・ポーまでは徒歩10〜15分ほどで到着できます。

ワット・アルンへの行くための船着き場「ター・ティアン」へは、ワット・ポーからすぐ。是非続けて回ってみてください。

スポンサーリンク

関連キーワード
アジア, タイ, 海外, 総合の関連記事
  • パトンビーチが常夏すぎ!!【プーケット島】
  • インドの食事・定番料理!カレーだけじゃない! !
  • マイナーだけど世界遺産!デリーのクトゥブ・ミナールがスゴイ!
  • バンコクのワット・ポーに寝姿の仏像「大涅槃仏」を見に行こう!

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク