スポンサーリンク

ポルトガル、パラチーの観光ガイドです。

ポルトガル植民地時代の建物が保存されており、歴史的な町並みや、ビーチ、山並みなので近年多くの観光客に人気を集めています。

ポルトガルのコロニアル文化が色濃く残っており、町中がさまざまな色でコントラストを奏でます。

パラチー

イグアスの町からバスに乗って北に向かい、目指すはパラチーです。

パラチーにはポルトガル植民地時代の建物が保存されており、歴史的な町並みや、ビーチ、山並みなので近年多くの観光客に人気を集めている町です。

1667年にポルトガルによって植民地化された町です。金が発見されたことによって、金をリオデジャネイロへ運ぶう港町として栄えました。

町には小さな教会がたくさん残り、要塞のあともありました。小さな町ですが、見所は満載です、

スポンサーリンク

石畳

私がまず感動したのが町中に張り巡らされた石畳の道です。植民地時代の名残を感じさせるものです。

建物もカラフルで、町を歩いているだけでも十分楽しめます。町自体とても小さいので、主な観光スポットは歩いて回れます。

パラチーからさまざまなオプショナルツアーもあるみたいでしたが、1日しか滞在しない予定だったので、私はできる限りパラチーの町並みを堪能することにしました。

植民地時代の名残が残る街並みは、まるでタイムスリップしたような気分にさせました。

魚の上にバナナが乗っている料理

おなかがすいてきたところでレストランに入りました。レストランはシーフードの専門店で、ポルトガル語が読めない私は英語のメニューを持ってきてもらうことにしました。

ウエイターによると、メニューの金額は二人分用で、一人分用にもできるとのことでした。

英語のメニューを見てもイメージがいまいちわかないので、とりあえず日本では絶対食べれないようなメニューを注文することにしました。

出てきた料理が魚の上にバナナが乗っているというものでした。奇妙のなコンビネーションでしたが、味はまずまずでした。

カラフルな土産

町を歩いてて目に付くのがとにかくカラフルなものです。お土産物屋にいっても売っているのはカラフルなものだらけです。

カラフルなだけではなく、アーティスティックなものもたくさんあり、お土産やを見ているだけでまるでモダンミュージアムにいるような気分にさえなりました。

リカーショップには100本以上のリカーのボトルが並び、それさえもアーティスティックに見えました。

途中で荷車でお菓子を売る人がいたので、プディングみたいなものを購入してみました。ちょうどいい甘さで、疲れた体を癒してくれました。

黒人の人形

町でたくさん見かけたのが黒人をモチーフにしたデザインのおみやげ物です。マグネットや人形などたくさん売られていました。

きっとコロニアルの時代に多くの黒人奴隷がここに連れてこられたからでしょうか。

ポルトガル植民地時代のなごりや、こういった黒人の人形を見ていると、この町がいかに発展してきたわかります。

さまざまな人種や文化の人々がこの町に住んでいたのでしょう。とても興味深いものでした。

スポンサーリンク

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事