笛吹市の山梨県立博物館(かいじあむ)で歴史を体感

山梨県立博物館は、山梨の歴史と文化が、工夫をこらした演出のなかで公開されている体験型スポットです。非常に重厚な作りの建物で、建物や展示品は細部までこだわりが感じられ、大人も子どもも楽しめます。山梨県立博物館は古代の甲斐の国(かいのくに)の都として栄えた笛吹市に位置しています。山梨県立博物館は「山梨の自然と人」をテーマとしており、山梨の豊かな自然と人々がどのように向き合ってきたのかという歴史を総合的に調査研究し、それらの成果を博物館で展示しています。

小さな子連れでも、雨の日でも楽しめる山梨県立博物館

雨の日でも楽しめる山梨県立博物館

山梨県立博物館は、屋内施設であるため雨の日でも楽しめます。博物館のなかには、昔の生活や昔の遊びを体験するコーナーなどもあり、小さな子どもと一緒に、けん玉やこま、すごろくなどを楽しんだり、昔の甲府城下町のジオラマから、ウォーリーを探せのような感じで「この人どーこだ?」をして遊んだりできます。

もちろん大人向けの展示も豊富で、縄文時代から続く山梨の歴史を多彩な演出と貴重な展示品で学ぶことができます。

よく「山梨県立科学館(甲府市)」と間違えられて、プラネタリウムがあるのでは?と思われていますが、山梨県立博物館にはプラネタリウムはありません。

「かいじあむ」は山梨県立博物館の愛称・甲斐の国の都・笛吹市に

山梨県立博物館は、「かいじあむ」という愛称で呼ばれています。なぜかいじあむなのか調べてみると、甲斐国の「甲斐」と博物館の「ミュージアム」を組み合わせて、甲斐国・山梨にふさわしい未来型博物館の愛称とし、子どもたちにも親しめるようにひらがなにしたそうです。(詳しくは山梨県立博物館の公式ページ

山梨県立博物館の敷地内で季節感を楽しむ散歩もおすすめ

山梨県立博物館の敷地内で季節感を楽しむ

山梨県立博物館は、山梨ゆかりの草木がたくさんあり、四季折々の風景を楽しめることも魅力です。

山梨県立博物館の入館料と割引

山梨県立博物館の入館料は、大人520円です。近隣のホテルや旅館に宿泊したことを伝えると100円割引になりお得に入館できます。休館日は火曜日。

山梨県立博物館の周辺地図とアクセス

山梨県立博物館の周辺地図

山梨県立博物館の所在地 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1

山梨県立博物館へのアクセス

JR石和温泉駅から路線バスで山梨県立博物館に行く場合、石和温泉駅から山梨交通の「山梨県立博物館行き」、富士急山梨バスの路線バスで「富士山駅行き」もしくは「鶯宿行き」に乗車し、約10分で運賃250円です。いずれも「山梨県立博物館」バス停で下車して徒歩3分で山梨県立博物館に到着します。 石和温泉駅からは、タクシーも便利で、車で約10分の場所です。(約1,100円)

自家用車で山梨県立博物館に行く場合には、中央自動車道の一宮御坂ICから車で約8分の場所です。駐車場は180台あります。

行きたくなったらいいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう