ナイアガラの滝へ!世界三大瀑布(せかいさんだいばくふ)は圧巻!!

ナイアガラの滝に関する観光ガイドです。

滝を楽しむのももちろんですが、ここ発着でナイアガラオンザレイクという近くの街にアイスワインを楽しみに行くツアーも最高でした!

ナイアガラ・ホーンブロワーツアーズ(旧霧の乙女号)は5月から10月くらいまでの夏期間しか運行していないのでご注意を。

スポンサーリンク

カナダ滝 / カナダ側より

カナダ滝の近くには展望スペースがあり、喫茶店・売店があります。滝に近づくとその水しぶきが飛んできますが、それによってできるキレイな虹も見ることができました!

2つの滝は、こっちのカナダ滝の方が大きく、水しぶきの量もすごくて迫力がありました。

ただ、世界三大瀑布の他の2つ、イグアスの滝とビクトリアの滝と比べると、アメリカ滝、カナダ滝、、ブライダルベール滝の3つしかないこのナイアガラの滝はちょっと物足りないというのが正直な感想ですね。

アメリカ滝 / カナダ側より

アメリカ滝へは写真奥の橋を歩いて渡っていきました。パスポートも持っていって、入国審査の窓口があるので、そこで入国のスタンプも押してくれます。

私はカナダ側に宿泊していたので、アメリカ側はこの滝の周辺しかうろうろしていないですが、カナダ側の方が賑わっているような印象です。

2つの滝を正面から見れるのもカナダ側になると思います。そもそも滝のすぐ前はホテル群という立地に驚きました。

大きな滝というからにはもっと自然の中にあると思っていたので。そのかわりホテルの部屋からも2つの滝が一望でき、とてもよかったですけどね。

スポンサーリンク

夜はライトアップされています! / ナイアガラの滝

最近は自分でこのライトアップの色を変えることができるというようなことも聞きましたが、私が旅行したころはそんな話はなかったような気がします。

ツアーじゃなかったから知らなかっただけかもしれませんが。

この写真では黄~緑っぽいライトですが、いろんな色に変わっていきます。

滝をライトアップするなんて発想がなかったので、見たときは驚きました。

このライトアップは1年中やっていて、日没から深夜までずっと光っていましたよ。

リスにも出会えます / アメリカ側

アメリカ側には芝生が広がっている場所もあり、野生のリスに会うことができました!

芝生を駆け回る姿、木に登っていく姿、本当にかわいくて見ていて飽きないのですが・・・素早いのでなかなか思うような感じに写真が撮れないんです。

時間に余裕があったこともあり、私はだいぶここでのんびりとリスを見て、写真を撮って過ごしていました。

11月下旬でだいぶ寒かったのに、まだ元気よく動いていたので、春秋のようなもっと気候がよいときだとたくさんのリスに会えるかもしれません!

滝の近くへ! / ナイアガラ・ホーンブロワーツアーズ

以前は霧の乙女号という名前だった観光船が、今はナイアガラ・ホーンブロワーツアーズと名前を変えて運行しているようです。

ナイアガラの滝観光ならこれはかかせないだろうし、私も霧の乙女号に乗りたかったのですが、これ5月から10月くらいまでの夏の間しかやっていないんです。

なので時期が悪く、一応乗り場を見に行ってみましたが、もちろん閉鎖されていました。

滝の近くまで行くので水しぶきはすごいと想像されるので、11月ではそりゃ寒いですよね・・・

世界三大瀑布(せかいさんだいばくふ)とは

世界で特に有名な3つの滝を意味する。一般的に南アメリカ大陸のアルゼンチンとブラジルにまたがるイグアスの滝、アフリカ大陸のジンバブエとザンビアにまたがるヴィクトリアの滝、北アメリカ大陸のアメリカ合衆国とカナダにまたがるナイアガラの滝の3つの滝を指します。

イグアスの滝の旅~ブラジル側からもアルゼンチン側からも絶対見てね!
2018.2.27
ブラジル側からもアルゼンチン側からも大迫力の「イグアスの滝」の旅行ガイドです。 ブラジル側は滝の数の多さを実感できます。そしてアルゼンチン側はイグアスの滝のすごさを痛感できます。 絶対どちらからも必見です! あまりの水量に、ここに落ちたら人間なんて本当に小さなものだなとしみじみ滝を見ながら思いました...

スポンサーリンク

海外旅行ってどれくらいかかる?お得に探そう!

テレビCMでも話題!世界中8000万人が利用するホテル検索サイト
国内旅行から海外旅行までホテル探しなら、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ。
楽天トラベルや、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど国内外400社以上の旅行サイトが提供する180万軒以上のホテル宿泊プランを一度に比較、お得なの宿泊プランを検索できます。


フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク