日本でも話題の天空の鏡、ボリビアのウユニ塩湖についての観光ガイドです。ほんとっ、美しい!

ウユニ塩湖に実際に行ってみた交通手段も含め体験談・感想として書きます!

スポンサーリンク

ウユニ塩湖に向かう車中

DSC00751

"長い道のりをかけてウユニ塩湖へ向かいます。

ウユニの町は、ウユニ塩湖のみで生計を立ててるような、それ以外になにもない小さな町です。

町の中心部にレストランや宿、ランドリーに銀行など、生活に必要な物が全てそろっていますが、30分あれば全部周れるほどの小ささです。

補整されていないでこぼこ道をどんどん進んでいきます。

途中、リャマの大群がいたり、フラミンゴが飛んでいたり、ボリビアならではの野生動物を楽しむこともできます。

町からウユニ塩湖の入り口まで、2時間ほどかかります。"

ウユニ塩湖/入り口

DSC00757

"やっとウユニ塩湖に到着しました。

入り口は水が張っていますが、茶色くて鏡張りなんてみれたもんじゃありません。

ドライバーさんに聞いてみると、「鏡が見れる場所に行くまでまだまだ時間がかかるよ」とのこと。ここはまだ入り口にすぎません。ウユニ塩湖は面積12000平方kmもある莫大な湖です。

この入り口から長靴に履き替え、4WDの上にのって、塩湖を進んでいきます。

塩の湖だけあって、風が海風のよう!カメラの保護は万全にしなくてはなりません。"

スポンサーリンク

ウユニ塩湖/塩の地面

DSC00768

"だいぶそれらしくなって来ましたが、ここではまだ水が張っていないため、鏡張りは見れません。

ですが、この塩の地面の模様もとっても美しいんです!

鏡張りが見える条件は3つあり、この3つすべてがそろっていないと完璧な鏡張りは見えません。

  1. 当日晴れていること
  2. 風がないこと
  3. 前日雨が降っていること

前日雨が降っていても、当日晴れていても、雨が乾いてしまっては意味がありません。

約10cmの雨の膜があるのがベストたど言われています。

自然に左右されるので賭けですが、それもまた天空の鏡の醍醐味です。"

ウユニ塩湖/昼の風景

DSC00829

"もし天国があるのなら、こんな場所なんだろうな…

そう思うような場所でした。ひたすら目に焼き付けて、カメラのシャッターを押し続けました。

この日はベストな1日でした!天気はよく、風もなし。きれいな鏡張りがみれました。

どこを見ても、同じ風景はありません。空の色、雲の形、少し違っただけで、そこには違う世界があります。

時間が経つのも忘れて、ずっと見ていました。

興奮しすぎて走り回ったりジャンプしたりしていましたが、ここは標高3700mの高地です。一瞬で果てました。笑"

ウユニ塩湖/サンセット

1146573_930217736995674_1305457491_n

"明朝から深夜まで、すべての時間帯でウユニを制覇しましたが、一番のお気に入りはサンセットです。

この色のグラデーション、且つ赤い夕日と青い空のコントラスト、まるで絵に描いたように美しく、ダイナミックで吸い込まれそうです。

昼間、天気がよければタンクトップでも十分ですが、この時間になってくると気温もだいぶ低くなり、ジャケットが必要なほど寒くなってきます。

持参した椅子を並べてみんなで夕日が沈むのを静かに眺める...贅沢すぎる時間でした。"

スポンサーリンク
安心・お得に旅行を探すならこちらがおすすめ
Booking.com 世界最大の宿泊予約サイト
予約手数料無料、最安値保証で賢く節約!
Booking.comは 世界最大級の宿泊予約サイトです。
新しいセールを毎日追加し、様々なご予算に合わせたお部屋をご用しています!

世界各地のホテルを対象とし、39万軒のバケーション施設を含む世界223ヶ国、8万の目的地別で検索が可能!

実際の宿泊者からのクチコミ数は7,770万件を超えています。
また、24時間年中無休で日本語の他41ヶ国語で対応しているのでサポート体制も万全で、初めてのオンライン予約でも安心です!
格安航空券モール 国内線の比較・購入サイトの決定版
ANA・JAL・スカイマーク・ジェットスター等をはじめとする、国内線14の航空会社のチケットを販売
航空会社の検索では見つからない横断検索で、当店最安値の航空会社を探すことができます。
最大約83%OFF(2017年1月現在))だから、お客様にも大変喜ばれています。成約率も高い当店のプログラムをぜひお試しください!
フライト3時間前まで予約が出来るので、急な出張でも安心!簡単&スピーディに格安チケットを予約する事が可能です。最安値をリアルタイムでチェックしながら、あっという間に購入できる24時間営業のオンラインチケットショップ!

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク