スポンサーリンク

ストリートパフォーマンスとスケートボードのメッカ、青い空のベニスビーチの観光ガイドです。

ベニスビーチはほかにもスケートのメッカとしても知られており、多くのスケーターがスケートボードを楽しんでいました。

サンタモニカから遊歩道を歩いて45分ぐらいで行けます。

ベニスビーチ

ロサンゼルスにはたくさんのビーチがあります。サンタモニカは観光客にとっては有名なビーチのひとつです。

サンタモニカから北に進むとマリブという地区があり、たくさんのビーチハウスが並び、高級住宅街になってます。

ベニスビーチはサンタモニカの南側に位置し、遊歩道を歩いて45分ぐらいの場所にあります。

遊歩道に沿うようにバイクレーンも整備され、2人用の自転車や、セグウェイなどものみかけます。

遊歩道の途中にはアスレティックジムやヨガのスペースなどが整備されており、人を見て歩くだけでも楽しいです。

スポンサーリンク

遊歩道沿い

サンタモニカから約45分ほどゆっくり歩くと、様々な露天が見えてきます。海側では手作りアート作品の販売が行われています。

アート絵画や手作りの工作品や、アクセサリー、ヘナペイントのタトゥーショップなどが軒を連ねています。

反対側はT-シャツや洋服、サングラスなどお土産用品店やレストランバーなどがあります。

ストリートパフォーマンスをしている人もいて、ただぶらぶら歩いているだけでも十分楽しめます。

スモークショップ

またベニスビーチにはマリファナを売ってみる店がたくさんあります。

マリファナはカリフォルニアでは医療用としては合法化されており、メディカルカードを持っていれば購入することができます。

聞いた話では、パスポートなどの身分証明書だけでこのメディカルカードが手に入るそうです。

私はまったく興味がなかったので、マリファナショップには行きませんでしたが、カードは40ドルぐらいだそうです。

歩道を歩いていると、マリファナを吸うためのパイプショップを何軒か見ました。

スケートパーク

ベニスビーチはほかにもスケートのメッカとしても知られており、スケートパークがあります。私が行った日も、多くのスケーターがスケートボードを楽しんでいました。

しかしスケートボードはベニスだけのものではありません。ロサンゼルスの普通の街中でもスケートボードに乗っている若者(たぶん10代)をたくさん見かけました。

私はスケートをしたことがないので、やってみたいなという気になりました。

ドラムパーティー

夕方になると、ビーチに大きなサークルができているのが見えました。何をしているのだろと思って近づいてみると、ドラミングのパーティーでした。

何人もの人が様々なスタイルのドラムを持ち込み、調和するようにドラムをたたいていました。周りにいる観客はドラムに合わせて踊ったり、聞き入ったりしていました。

しかしそのドラムパーティーの横には警察の車が2台ありました。エスカレートしないように見張っているんでしょう。

私もドラムの音に合わせて体を動かして踊りました。そして日が沈むとともに、ドラムパーティーも解散しました。

ベニスにはローカルな人から観光客までたくさんの人でにぎわっていました。

スポンサーリンク
関連キーワード
アメリカ, 北米, 海外, 総合の関連記事
  • 大満足のポリネシア文化センターでポリネシア文化を満喫!
  • ハワイ・ワイキキ・ディズニー5泊7日の旅!見どころまとめ(HIS利用)
  • グアムは日本から近場のリゾート、治安良くお散歩もおすすめ
  • ブルックリンはニューヨークで話題のおしゃれな街
  • 【シーワールド・サンディエゴ】シャチを間近で!イルカと触れ合おう!
  • ワイキキビーチウォークで楽しくショッピング♪

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事