北海道を2日間かけてレンタカー旅行した観光ガイドです。 初日に網走監獄、知床岬クルーズ、オホーツク流氷館を訪れ、2日目はセグウェイ 十勝千年の森にてセグウェイを時速30Kmで楽しみました。

知床岬クルーズ船から見える景色は、もちろん道路などはなく、文字通り「大自然」でした!

波で削られた岩肌や、自然の滝は圧巻です。

スポンサーリンク

網走監獄/北海道/網走市呼人

網走監獄

北海道、女満別空港に到着!移動手段は何にしようかいろいろ調べて、レンタカーが一番便利なので、レンタカー借りることにしました。

そのまま博物館 網走監獄へ!網走監獄は山の上にあるので、初夏に訪れたのですが少し肌寒かったです。

中は広くツアーもあるのですが、時間が合わず今回は独自でまわることに。

囚人が蝋人形で表現されていて、中には喋る蝋人形もいました。

建物は所々改装されていて綺麗だったのですが、中は薄暗く、拷問道具なんかも置いてあったりしたので、少し怖かったです。

オホーツク流氷館/北海道/網走市天都山

実物のオホーツク海の流氷を見ことができる、オホーツク流氷館へ行きました。

特に面白かったのが、流氷とシバレ体験!ここでは季節に関係なくマイナス15度の世界を体験することができます!

中に入るととにかく寒い!!本物の流氷は意外と大きくて少し驚きました。

そしてシバレ体験!シバレ体験とは、濡れたタオルを貸してもらって、それをマイナス15度の室内でまわして棒のようにする、というものです。

タオルを手に持ち、一気に振り回すと..あっと言う間に凍っちゃいました!

他にもクリオネやフウセンウオなど海洋生物の展示なんかもありました。

スポンサーリンク

知床クルーザー観光船ドルフィン/北海道/斜里郡斜里町ウトロ東

ここには様々なコースがあるのですが、所要時間(往復)約3時間の知床岬クルーズに行ってきました。

このコースは所要時間が一番長いコースで、知床半島突端まで行くので少しですが北方領土を見ることができました!

船から見える景色は、もちろん道路などはなく、文字通り「大自然」でした!波で削られた岩肌や、自然の滝は圧巻です。

イルカが泳いでいるのが見えたり、ヒグマの親子が見えたり、野生の動物ともたくさん遭遇できて知床の大自然を十二分に楽しむことができました!

うとろ・シリエトク/北海道/斜里郡斜里町ウトロ西

この日の昼食はガイドブックにも載っていた道の駅うとろ・シリエトクで食べることにしました。さすが北海道、道の駅も広い!

中へ入りレストランへ。今回は知床産鮭の親子丼を注文しました。

お味噌汁、親子丼、つけもののセットになっており、なかなかのボリューム!

親子丼の鮭にはよく脂がのっていてとても美味しかったです!

いくらと一緒に食べる事で味と食感が変わりこれもまた美味!

味、ボリューム共々大満足でした!

セグウェイ 十勝千年の森/北海道/上川郡清水町字羽帯南

以前ちょっと話題にもなったセグウェイに乗りました!

乗るのは初めてだったのですが、指導があったので初心者でもすんなり乗る事ができました。

セグウェイが乗れる場所は国内にもいくつかありますが、大体は時速20km程度に制限されています。

しかしここでは自由時間の際に、制限を解除してもらうことができ、なんと30km程度も速度を出す事ができます!

北海道の大地をセグウェイでおもいっきり走り抜ける事ができて最高でした!!

スポンサーリンク
安心・お得に旅行を探すならこちらがおすすめ
Booking.com 世界最大の宿泊予約サイト
予約手数料無料、最安値保証で賢く節約!
Booking.comは 世界最大級の宿泊予約サイトです。
新しいセールを毎日追加し、様々なご予算に合わせたお部屋をご用しています!

世界各地のホテルを対象とし、39万軒のバケーション施設を含む世界223ヶ国、8万の目的地別で検索が可能!

実際の宿泊者からのクチコミ数は7,770万件を超えています。
また、24時間年中無休で日本語の他41ヶ国語で対応しているのでサポート体制も万全で、初めてのオンライン予約でも安心です!
格安航空券モール 国内線の比較・購入サイトの決定版
ANA・JAL・スカイマーク・ジェットスター等をはじめとする、国内線14の航空会社のチケットを販売
航空会社の検索では見つからない横断検索で、当店最安値の航空会社を探すことができます。
最大約83%OFF(2017年1月現在))だから、お客様にも大変喜ばれています。成約率も高い当店のプログラムをぜひお試しください!
フライト3時間前まで予約が出来るので、急な出張でも安心!簡単&スピーディに格安チケットを予約する事が可能です。最安値をリアルタイムでチェックしながら、あっという間に購入できる24時間営業のオンラインチケットショップ!

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク