スポンサーリンク

ヨルダンで観光と言えば、死海とペトラ遺跡のふたつくらいでしょうか。でも、ペトラ遺跡だけのためにはるばるやってきました。

それくらい見たかった遺跡。めちゃめちゃすごかったです!としか言えないほど素晴らしい。

気分はインディ=ジョーンズ。実際に映画の撮影にも使われました。

ペトラ遺跡へは首都アンマンからバスで3時間ほどで到着。

image011

1日券50JDというヨルダンの物価からすると恐ろしく高い入場料。

東京ディズニーランドと同じくらいの金額です。

ペトラにはイスラエル側から日帰りで来る事も可能で、イスラエルから来た客には90JDで売るという話も聞きました。

本当かは分かりませんが確かにチケット買う時に泊まっているのはヨルダン国内か?と聞かれました。

ペトラはとにかく広大!馬やロバを利用しながらの散策をおすすめします。

スポンサーリンク

シーク

image001

まず、シークと呼ばれる切り立った岩の間の細い道を30分ほど歩きます。インディもこの道を馬で駆け抜けました。

エル・カズネ

image003

突然視界がひらけ、こんな場所にたどり着きます。

ペトラのシンボル、岩を彫って作ったバラ色の神殿、エル・カズネです。

とっても大きい!残念ながら内部へは入る事はできませんが、外から眺めるだけで大満足です。

ここから遺跡へと入っていきます。果てしなく広大なペトラ、暑さと乾燥で徒歩でまわる自信がなかったので、ロバを利用しました。

断崖絶壁

image005

ペトラは岩肌がむき出しの岩山で断崖絶壁のようなところを登っていくのでかなり命がけな感じでした。

すごい傾斜だし、歩きでもけっこう気をつけないと危険そう。

ロバが足を踏み外したらどうしよう・・と若干不安でしたが、ロバの持ち主の遊牧民ベドウィンのお兄さんに聞いたら今までそうゆう事は一度もなかったとのこと。一安心。

頂上

image007

1時間ほどロバに揺られ、途中にある神殿を見学したりしなが頂上まで行きました。するとこんな看板が。

「世界の果て」と書かれている。その先に進んでみると・・・

世界の果て

image009

まさに世界の果て!!頂上からの眺めは本当に素敵でした!岩山と砂漠が延々と続き、本当に何も無いのだけど、それに圧倒される。

ペトラは日差しを遮るものがないのと、砂埃と乾燥が激しいのでスカーフ等が必需品。

私は現地の遊牧民が使うスカーフを買い、遊牧民のお兄さんにアラビア風に巻いてもらいました。

ペトラの景色とペトラでの思い出はきっとずっと忘れないと思います。

スポンサーリンク

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事