• 国内
    唐招提寺を訪ねる。古都奈良にたたずむ静かに凛とした場所。
    2015/01/09
  • チェコ
    プラハを地元民とめぐる旅♪中世にタイムスリップ!?
    2014/12/03
  • ポーランド
    ポーランドの主要人物がいっぱい!ヴィエリチカ岩塩坑
    2015/10/31
  • スペイン
    コルドバで世界遺産を堪能する旅♪
    2014/10/18
  • アジア
    マイナーだけど世界遺産!デリーのクトゥブ・ミナールがスゴイ!
    2014/09/18
  • ヨルダン
    ペトラ遺跡を見に行こう!ヨルダンの文化遺産!新・世界の七不思議!
    2014/11/09
  • 国内
    天龍寺のおすすめ観光ガイド。京都嵐山の世界遺産を探訪しよう♪
    2015/01/12
  • メキシコ
    メキシコ・カンクンと世界遺産をめぐる旅!もう1度行きたいリゾート!!
    2014/11/15
  • アメリカ
    ヨセミテ国立公園で癒される♪神々の遊ぶ庭♪
    2014/10/29
スポンサードリンク

シンガポール観光でまず体験したいのが、巨大観覧車「シンガポール・フライヤー」です。

空からマリーナ・ベイ・サンズ、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイなど観光スポットを一望できます。

まずはシンガポール・フライヤーに乗り上からの景色を見て、次に行きたい場所を決めるのもいいですね。

スポンサードリンク

シンガポール・フライヤー/シンガポール

夕焼けに浮かぶ美しいシンガポール・フライヤー。設計は、黒川紀章氏とシンガポールの建築家によるものです。

規模はアジア最大級、30分かけて1周するので、じっくり空からの景色を楽しめます。

昼に乗っても気持ちがいいですし、夕焼けを眺めながらでも、そしてとってもロマンチックな夜景もおすすめです。

ゴンドラ入り口までは、シンガポール・フライヤーについての説明の展示などもあり、気持ちがワクワクと高まります。

入り口に行くまでにお手洗いもありますので、予め済ませておきましょう。

早速シンガポール・フライヤーに乗ってみましょう!/シンガポール

110414_0349_2.jpg

ゴンドラのひとつひとつはこのようになっています。

ゴンドラ内ではカップル、子供連れの家族など、様々な国からの観光客が思い思いに写真を撮り、楽しんでいます。

観覧車といっても日本の遊園地によくあるサイズではなく、なんと最大28人まで乗れる特大サイズです。

観覧車の向こうには貿易船がたくさん見えますね。さすが、世界トップクラスのハブ港を持つシンガポールならではです。

高さ165メートルもあるので、最初はちょっと怖いですが、風景に見とれているうちに慣れてきました。

マリーナ・ベイ・サンズとガーデンズ・バイ・ザ・ベイ/シンガポール

110414_0349_3.jpg

マリーナ・ベイ・サンズとガーデンズ・バイ・ザ・ベイが見えてきました!マリーナ・ベイ・サンズはCMで有名になりましたね。

3つの超高層ビルの上に巨大な船、というど肝を抜くデザインです。

左側に見えるのがガーデンズ・バイ・ザ・ベイで、ガラス張りのドーム2つとトランペットの先のような建築物「スーパーツリー」で構成されています。

ガラス張りのドーム内は冷房つきの植物園になっています。

スーパーツリーは高さが25メートルから50メートルあり、展望台やレストランもあるそうです。

高層コンドミニアム群/シンガポール

110414_0349_4.jpg

マリーナ・ベイ・サンズの右側には、高層ホテル群・ビジネスタワー群が広がっており、先進国ならではの景色を見ることが出来ます。

さらに右のチャンギ空港方面に目をやると...道路沿い、マリーナ湾沿いに高層コンドミニアム(日本でいうマンション)がぎゅうぎゅうに建っています。

緑を守りつつも建物の密集度が高いですね。またコンドミニアムのデザインをよく見てみると、ビルの上は赤い三角屋根のデザインでとっても特徴的ですね。

マリーナ・ベイ・サンズへの遊歩道/シンガポール

110414_0349_5.jpg

空中遊泳を楽しんだあとは、まずはマリーナ・ベイ・サンズに行くのがおすすめです。

シンガポール・フライヤーを降りたら目の前にマリーナ・ベイ・サンズが見えていますので、その方角に向かって歩いて行くだけなので簡単に到着できます。

銀色の曲線が美しいアートな歩道を楽しんでください。

マリーナ・ベイ・サンズに到着したら、フードコート・カフェ・レストランなどでまずは一息つけますね。

また、建物内に運河がありゴンドラに乗ることができますし、カジノや劇場で楽しむのもいいですね。

建物内にシンガポールMRT電車の駅もありますので、他のエリアへの移動も楽々です。

画像出典:1

スポンサードリンク

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事