スポンサーリンク

中央アメリカはベリーズ観光ガイドです。世界第2位の広さのサンゴ礁があり、ベリーズ珊瑚礁保護区として世界自然遺産に登録されています。

この中のライトハウス・リーフと呼ばれるサンゴ礁には、直径313mにも及ぶ巨大なブルーホールがあります。

この場所がグレート・ブルーホールと呼ばれています。この青く美しいサンゴ礁を楽しむ方法をご紹介します。

ベリーズ/グレート・ブルーホール、ベリーズ珊瑚礁保護区上空

上空から遊覧セスナから楽しむ。

海の中に入るのはちょっと…、これからマヤ遺跡を見に行くんだ!という方にオススメ

セスナから遊覧してこのサンゴ礁と、陥没したグレート・ブルーホールをお楽しみください。

上空からだとなぜこの部分だけやけに青いの?と疑問に持つかもしれないので解説をすると、そもそもブルーホールとは元々は洞窟や鍾乳洞といった地形だった場所が、何らかの理由により海中へ水没し、浅瀬に穴が空いたように形成された地形の事を指し、このような事から周りと色が違うのです。

遊覧では物足りない!やっぱり自然と一体になるスカイダイビングでしょ!

近年では、水中に潜るダイビングではなく、大空からグレート・ブルーホール、ライトハウス・リーフにアプローチをするという楽しみ方もあるみたいです。

国内のツアーではなくベリーズの商業ツアーで申込が必要です。

料金はカップルで600ドルと高めの設定ですがゴルフ、スキューバ、ホテル、送迎料金なども含まれているそうです。

詳細はコチラで確認できます↓

http://www.skydivebelize.com/

スポンサーリンク

ベリーズ/ライトリーフサンゴ礁

ダイビングはちょっと深すぎて怖い!そんな方にはシュノーケリング。

ダイビングは何か深そうで怖いという方には、初心者でも楽しめるライトリーフサンゴ礁のシュノーケリングがオススメです。

色とりどりの魚はもちろん、美しい海だからこそ見ることが出来るサンゴ礁やジンベイザメやエイと触れ合えるシュノーケリングなどのパックツアーもあるので存分にベリーズの海を満喫することが出来ます。

ベリーズ/グレート・ブルーホール洞窟内

ダイバーなら一度は潜りたいグレート・ブルーホール。

本格的にダイビングをやっているあなたはコチラがオススメです。

グレート・ブルーホールは先述のように何らかの理由で陥没した洞窟です。

グレート・ブルーホール内はうっすらと光が差し込みその光景はとても神秘的でダイビングをしている方は一生に一度は潜ってみたいスポットの一つです。

スポンサーリンク

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事