新・世界の七不思議の1つであるペルーのマチュピチュの観光ガイドです。

ここはふもとからは見えないため空中楼閣とかインカ帝国の失われた都市とか呼ばれています。

マチュピチュの奥にある入り口から標高差250mのワイナピチュ登頂にもチャレンジしました。

頂上からの眺めはまた一段とすばらしいものでした。

スポンサーリンク

マチュピチュ観光はこちらの記事もどうぞ

リャマに癒される / マチュピチュ

リャマに癒される / マチュピチュ

マチュピチュの遺跡内にはリャマやアルパカといった、昔教科書で習ったことがあるような動物がウロウロしてます。

ゆったり歩いていくのに着いていってみたり、のんびりと座っているのを眺めてみたり。見ているとこっちまでのんびりした気分になってきて、とっても癒されます。

あちこちにいるのでマチュピチュの遺跡と共に写真を撮ったりしましたが、リャマがいるっているだけで絵になりますよね。

アンデス、そしてペルーに来たんだ!と実感できるというか。

スポンサーリンク

ワイナピチュに挑戦! / ワイナピチュへの入り口

マチュピチュの奥にワイナピチュに行くための入り口があります。この山は入山制限をしており、マチュピチュの入り口で整理券をもらう必要があります。

安全のためと環境のためだったかな?入山できるのは午前と午後に200名ずつだそうです。

私は午後の電車で帰らなきゃ行けないので、午前の部の整理券をゲットするために早起きしましたよ!

このワイナピチュの入り口で名前なんかを記帳して、いよいよ登山開始です。頂上はまでは標高差250m!

かなりハード・・・ / ワイナピチュ

普段日本では登山どころかジョギングやウォーキングなどを一切していない私。1人でよいしょよいしょと登っていくのですが、かなりきつかったです。

もっと体力をつけて望むべきでした。

たしか40分程度でのぼれると書いてあったような気がしますが、のんびり途中で休憩しながら歩いていたら1時間もかかりました。

道中で他の人についているガイドさんにAre you OK?と声をかけられることもしばしば。

何人もの人に抜かされながらもがんばって頂上を目指します。

マチュピチュを見下ろす! / ワイナピチュ頂上

ワイナピチュの頂上に到着しました!ここからの眺めはまた一段とすばらしいものでした。

さっきいたマチュピチュのところが、あんなに小さく見え、この山に登ってくるまでのバスの道もはっきりと見ることができます。

とっても疲れたけど、がんばってここまで登ってきた甲斐はありました!

ワイナピチュからマチュピチュに戻る途中にさらに奥までいく分岐点もあります。

行ってみたいなと思っていましたが、体力的に無理だと思いそれは諦めました。

雲行きが怪しい / マチュピチュ

朝マチュピチュについたころは曇り空だったけど、そのうちに青空に。

でも山の天気は変わりやすいという言葉通り、午後には回りの山々に雲がかかってきました。

こうやって雲がかかると空中楼閣という雰囲気が出てきますね。

私はこのころにはもう帰るために入り口に向かっていたので、その後バスで下山して、ふもとの村でお昼ご飯を食べていると夕立のような大雨が降ってきました。

雨宿りする場所のない遺跡内でこんな雨に降られたら大変です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
海外旅行ってどれくらいかかる?お得に探そう!

テレビCMでも話題!世界中8000万人が利用するホテル検索サイト 国内旅行から海外旅行までホテル探しなら、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ。

楽天トラベルや、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど国内外400社以上の旅行サイトが提供する180万軒以上のホテル宿泊プランを一度に比較、お得なの宿泊プランを検索できます。

たったの数秒で希望に合ったホテル検索 検索はいたって簡単!

旅行先と日付を入力するだけで各社が提供する宿泊プランを一度に比較、更に詳細な条件 検索や、並び替え機能を利用すれば予算や希望に合ったホテルをったの数秒で絞り込むことができます。

お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴ

お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴ

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク