カリフォルニア州ロサンゼルスのベニススケートパークは、ストリートパフォーマンスとスケートボードのメッカ、青い空のベニスビーチの観光ガイドです。

ベニスビーチはスケートのメッカとしても知られており、多くのスケーターがスケートボードを楽しんでいました。

ベニスビーチへのアクセスは、サンタモニカから遊歩道を歩いて45分ぐらいで行けます。

スポンサーリンク

カリフォルニアらしい海とアート、歩くだけでも楽しいベニスビーチ

ロサンゼルスにはたくさんのビーチがあります。サンタモニカは観光客にとっては有名なビーチのひとつです。

サンタモニカから北に進むとマリブという地区があり、たくさんのビーチハウスが並び、高級住宅街になってます。

ベニスビーチはサンタモニカの南側に位置し、遊歩道を歩いて45分ぐらいの場所にあります。

遊歩道に沿うようにバイクレーンも整備され、2人用の自転車や、セグウェイなどものみかけます。

遊歩道の途中にはアスレティックジムやヨガのスペースなどが整備されており、人を見て歩くだけでも楽しいです。

ベニスビーチの遊歩道沿いはパフォーマーもいっぱい

サンタモニカから約45分ほどゆっくり歩くと、様々な露天が見えてきます。海側では手作りアート作品の販売が行われています。

アート絵画や手作りの工作品や、アクセサリー、ヘナペイントのタトゥーショップなどが軒を連ねています。

反対側はT-シャツや洋服、サングラスなどお土産用品店やレストランバーなどがあります。

ストリートパフォーマンスをしている人もいて、ただぶらぶら歩いているだけでも十分楽しめます。

スポンサーリンク

ベニスビーチにはスモークショップ(マリファナを売っている店)がある

ベニスビーチにはマリファナを売っている店がたくさんあります。

マリファナはカリフォルニアでは医療用としては合法化されており、メディカルカードを持っていれば購入することができます。

聞いた話では、パスポートなどの身分証明書だけでこのメディカルカードが手に入るそうです。

私はまったく興味がなかったので、マリファナショップには行きませんでしたが、カードの発行料金は40ドルぐらいだそうです。

歩道を歩いていると、マリファナを吸うためのパイプショップを何軒か見ました。

海外でマリファナの使用をしても裏付け捜査が困難で日本で捕まったケースは希少のようですが、どうなのでしょうね。

ベニススケートパーク(カリフォルニア州ロサンゼルス)はスケーターの聖地

ベニスビーチはスケートのメッカとしても知られており、ベニススケートパークがあります。私が行った日も、多くのスケーターがスケートボードを楽しんでいました。

しかしスケートボードはベニスだけのものではありません。カリフォルニア州全体、ロサンゼルスの普通の街中でもスケートボードに乗っている若者(たぶん10代)をたくさん見かけました。

カリフォルニアではスケボーが愛されています。

ベニススケートパークの公式サイト」では、フォトギャラリーやライブビデオもあり、ベニススケートパークの魅力をみれます!

ドラムパーティー

夕方になると、ベニスビーチに大きなサークルができているのが見えました。何をしているのだろと思って近づいてみると、ドラミングのパーティーでした。

何人もの人が様々なスタイルのドラムを持ち込み、調和するようにドラムをたたいていました。周りにいる観客はドラムに合わせて踊ったり、聞き入ったりしていました。

しかしそのドラムパーティーの横には警察の車が2台ありました。エスカレートしないように見張っているんでしょう。

私もドラムの音に合わせて体を動かして踊りました。そして日が沈むとともに、ドラムパーティーも解散しました。

ベニスにはローカルな人から観光客までたくさんの人でにぎわっていました。

カリフォルニア・ロサンゼルスの観光プランならこちらもおすすめ!

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスの観光地として有名な、サンタモニカビーチ、ベニスビーチ、巨大ショッピングモールのデルアモの観光ガイドです。

アメリカで大人気のBOBA TEA(タピオカのミルクティーのようなかんじ)を片手にショッピングを楽しみました!

カリフォルニア州とネバダ州の州境のシエラネヴァダ山中にある、青く澄み切った淡水湖、タホ湖にてキャンプを楽しんだ観光ガイドです。タホ湖は、アメリカで2番目の深さ、そして世界でも11位の深さを誇るそうで、透明度も世界屈指で、どこまでも透明なとっても美しい湖です。周辺では水上アクティビティやハイキングを楽しめます。

アメリカのローカルのリピーターも多い、サンタモニカの海とUCLAのキャンパスを見下ろす丘の上に建つ真っ白な建物の美術館ゲッティーセンターの観光ガイドです。

石油王J. Paul Gettyが収集したコレクションを広く一般に公開しています。入場料は無料で、20世紀以前の西洋絵画、ドローイング、装飾写本、彫刻、工芸品、19世紀から20世紀のアメリカ、ヨーロッパの写真など多岐にわたっています。

アメリカ、ロサンゼルスのダウンタウンディズニーについての観光ガイドです。日本人にはあまり知られていないかもしれませんが、地元の人には定番のスポット!入口の風景からレゴショップやテディベアショップまでご紹介♪

スポンサーリンク

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク