スポンサーリンク

ハワイのポリネシア文化を満喫!大満足のポリネシア文化センター

ポリネシア文化センター(ポリネシア・カルチャー・センター)は、ハワイのルーツを体験できるテーマパークです。
ポリネシア文化センターは、すぐ隣にあるブリガム・ヤング大学の学生達が運営しており、バスガイド、園内の案内係、レストランの給仕係、ショーのキャストなどすべてを学生達がやっています。しかし、ガイドもショーも見事なクオリティの高さで、仕事と学業を両立する姿に驚きます。

ポリネシア文化センターの水上ツアーでサモア、アオテアロア、タヒチ、フィジー、トンガ、ハワイの文化を体験

ポリネシア文化センター園内には、主として6つの展示村(サモア、アオテアロア、タヒチ、フィジー、トンガ、ハワイ)があり、ポリネシア文化を体験できます。陸上でガイドに付いて各村を体験した後は、水上ガイドにてもう一度、園内を一周することができました。ポリネシアの緑や暮らしを感じる、見事な風景でした。なお、陸上観光では、ちょっとしたフラダンス教室(写真を撮ってくれます)、ユーモアたっぷりのドラムショー、迫力満点の踊りなど、様々な体験が用意されており、一日楽しめます。

スポンサーリンク

水上ショーでポリネシアンダンスを、現地の衣装で披露

ポリネシア文化センターでは、伝統的なポリネシアンダンスを、現地の衣装で披露してくれます。ポリネシア文化センター園内を流れる川を利用して水上で行われるため、テンポ良く進むパレードのようになっています。こちらは昼間に行われるショーで、夜のショーを見ない人でも見ることができます。そのため混みあうので、席取りは早めに河岸を押さえた方が良いです。こちらのショーも学生達により行われ、たまに違う人種の学生がポリネシアの恰好をして踊っているため、何だか微笑ましいです。ショーの終盤には踊りが激しさを増していきます…!

ポリネシア文化センターのビュッフェ会場で食べ放題

ポリネシア文化センターの昼食は、屋外のテントにてバイキング形式となります。アメリカらしく、肉と野菜という感じの、誰にでも食べられそうなメニューが並びます。ただしこちらの会場は、鳥が来るので要注意です!!人が席を外すと、鳥がすかさず食べ残しにありつこうと飛んできます。周囲の人と声を掛け合って、座席を守りながらご飯を取りに行くことになります。 夕食は、屋内のレストランにて、こちらもバイキング形式となります。お昼より品数も多く、おかず物からデザートまで充実しています。食事は自分で取りに行きますが、ドリンクはウェイターさんが運んでくれます。

ブリガム・ヤング大学の教会(モルモン教)

イブニングショーの前に、2種類のツアーが行われます。園内のバックヤードをめぐるコースか、学生達の通うブリガム・ヤング大学の教会に行くコースです。ツアーの時間が決められているので、レストランとの客数の分散が上手に出来ているようです。写真は、ブリガム・ヤング大学の教会(モルモン教)です。プールがあり、ライトアップもされ、アメリカらしいお洒落な建物でした。こちらの大学では、モルモン教を信仰する学生が学費補助を受けながら、園内で働いています。

イブニングショー

とても大きな会場で、盛大にイブニングショーが行われます。ストーリーは、主人公「マナ」がハワイ、トンガ、ニュージーランド、サモア、タヒチ、フィジーのそれぞれのポリネシア文化を通じて、様々な経験をするというものです。誕生から成長、戦い、結婚、子供の誕生、人の死など主人公の一生を表現しており、音楽や踊りにより何となくストーリーがわかるように なっていました。 特に、ファイヤーナイフダンスは迫力満点で、プロが行っているようなクオリティのショーでした。 なお、ショーの途中でアイスクリームの販売があります。サイズが大きいので評判のようです。

詳しくは「Polynesian Cultural Center Official Site - Best Luau Oahu, Hawaii(公式サイト)」で!

ハワイ旅行なら、こちらの観光プランもおすすめ

ハワイのホノルルにあるダイアモンドヘッドは、ワイキキビーチから見る風景が有名です。

ハワイに行ったらビーチで遊ぶのもよし、ショッピングをするのもよし楽しみ方は人それぞれ。2006年にオープンしたワイキキビーチウォークではショップやグルメスポットが多く立ち並ぶ人気のスポットです。

5泊7日でエイチ・アイ・エスを利用してハワイ・ワイキキ・ディズニーに行った体験記です。

ハワイのホノルルでハワイ王朝時代の歴史の舞台となった「イオラニ宮殿」の観光ガイドです。

スポンサーリンク

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク