オルセー駅の駅舎あと美術館に改装し、ルーブル美術館に次ぐ規模を誇っているオルセー美術館の旅行ガイドです。

ミレーの「落穂拾い」、マネの「オリンピア」、ルノワールの「ムーランドラギャレットの舞踏会」など印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名です。

スポンサーリンク

オルセー美術館内部

オルセー美術館は、オルセー駅の駅舎とホテルを兼ねた建物を再使用。

旧駅舎の構造をうまく活用しつつ、美術館として改造されたオルセー美術館は1986年にオープン。

駅を改造した美術館ということでとても興味があった。名物の美しい大時計がその面影を残します。

大きな美術館でありながらも半日ほどで見学できる程よい展示数、作品の充実度が人気でフランスの美術館来館数ランキングでもトップ3。

チケット売り場

いざオルセー美術館に行くとチケットブースは人いっぱいでした。

チケットを買うのに約30分以上並んでも、前に進まない。

閉館時間1時間半前になり、私の中では焦りがでてきました。

たいてい私が美術館に行くと数時間はそこで過ごすことになるからですう。とても時間が足りない思っていると、係員の人はチケット料は要らないから中に入れという指示を出しました。

ラッキー。私の3番目前の人までは正規料金を払っていたのに、今はフリーで見学づきるではありませんか。

スポンサーリンク

ミレーの落穂拾い

オルセー美術館は印象派好きにはたまらないところです。

こんなにいっぺんにモネ、マネ、ルノワール、ゴッホを見ていいのかっていうくらいあります。私がこの美術館で見たかったのはフランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた油彩作品、『落穂拾い』です。

学校の教科書で何度も見る機会があり、ぜひ実物を見てみたいなと思っていました。

印象派絵画が主要展示とされているが、彫刻、写真、グラフィック・アート、工芸、家具にいたるまで、広いジャンルの作品も目を楽しませてくれます。。

印象派のコレクション

オルセー美術館は、コレクションが1848年から1914年の間に年をカバーし、それは世界最高の印象派芸術コレクションであると考えています。

おそらくパリで私のお気に入りの美術館の一つです。

入り口から博物館の反対側の端まで歩いてまっすぐあるいてエスカレーターで5レベルまで行きます。こ

こには印象派とポスト印象派のコレクションが展示されモネ、マネ、ルノワール、ドガや他の有​​名な印象派の画家のすべて作品を含む展示場になっています。

オルセー美術館のレストラン

普通美術館で食べる昼食となると、パッキングされたものや、中国の保存料や添加物の入ったものを想像するかもしれません。

フランスは美術館での食事に革命をもたらしました。

レストランオルセー美術館では、豪華な会場で素晴らしい料理を体験するにはこれほど良い場所はありません。

美術館の一階に位置し、ダイニングサロンは素晴らしいの一言です。

豊富なシャンデリアで覆わ天井にはすばらしい絵絵、金色の金で高い窓。

そして、モネによる最大の印象派の絵画のいくつか所蔵する会場で、その他マネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、スーラ、シスレー、ゴーギャン、ゴッホなどがあります。

とても美しい場所で、実際には、あなただけのサンデーブランチ、ランチやディナーのために来ることもお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

スポンサーリンク