• ヨルダン
    ペトラ遺跡を見に行こう!ヨルダンの文化遺産!新・世界の七不思議!
    2014/11/09
  • 国内
    天龍寺のおすすめ観光ガイド。京都嵐山の世界遺産を探訪しよう♪
    2015/01/12
  • ポーランド
    ポーランドの主要人物がいっぱい!ヴィエリチカ岩塩坑
    2015/10/31
  • アメリカ
    ヨセミテ国立公園で癒される♪神々の遊ぶ庭♪
    2014/10/29
  • 国内
    唐招提寺を訪ねる。古都奈良にたたずむ静かに凛とした場所。
    2015/01/09
  • アジア
    マイナーだけど世界遺産!デリーのクトゥブ・ミナールがスゴイ!
    2014/09/18
  • チェコ
    プラハを地元民とめぐる旅♪中世にタイムスリップ!?
    2014/12/03
  • メキシコ
    メキシコ・カンクンと世界遺産をめぐる旅!もう1度行きたいリゾート!!
    2014/11/15
  • スペイン
    コルドバで世界遺産を堪能する旅♪
    2014/10/18
スポンサードリンク

総面積800万平方メートルにも及ぶフランスのヴェルサイユ宮殿をざっくり半日で観光できるルートをご紹介。

スポンサードリンク

ヴェルサイユ宮殿正面/フランス

image001

ヴェルサイユ宮殿はあまりにも広大、まるで一つの街のようなものです。

こちらの写真もヴェルサイユ宮殿のほんの一部。

事前にどこを巡るか決めて計画的に観光をしないと遭難してしまいます。

まる一日ヴェルサイユ宮殿観光に充てる時間がなくても大丈夫、要所要所のみであれば半日程度で観光することができますよ。

今回のルートは宮殿→庭園→プチ・トリアノン→王妃の庭園を巡っています。

宮殿から王妃の庭園まで、天気が良ければ散策がてら徒歩で行くのもいいでしょう。

体力に自信がなければ、各種乗り物を利用することをお勧めします。

ヴェルサイユ宮殿王室礼拝堂/フランス

image003

ヴェルサイユ宮殿に入ってまず見られるのは王室礼拝堂。

かの有名なルイ16世とマリー・アントワネットが結婚式をしたところであり、毎朝ミサが開催された宮殿内で一番神聖なところです。

白亜の空間は息を飲む美しさ。吹き抜けになっていて国王など偉い人は2階から参列していたそうです。

残念ながら中に入ることはできないので入口から見学をします。

観光客が集中して近くで見学するには時間がかかりますが必見の価値ありですよ。

ヴェルサイユ宮殿鏡の回廊/フランス

image005

王室礼拝堂以降も豪華で美しい部屋が続き驚きの連続ではありますが、最大の見どころは鏡の回廊。

回廊とはいうものの、とても広く当時は舞踏会が開かれていたとか。

鏡は超貴重品であったため、357枚も鏡を張り巡らせたこの回廊は当時の人の度肝を抜いたようです。

鏡が反射する分部屋は明るく、天井に張り巡らせられた絵画もあわせてみるとその豪華さにぽかんとしてしまいますよ。

第一次世界大戦の終了を告げるヴェルサイユ条約が調印されたのもこちらだそうです。

ヴェルサイユ宮殿庭園/フランス

image007

宮殿の見学を終えたら庭園へ。

100万平方メートル以上の広大な敷地なので気軽に足を踏み出すと迷子になりかねません。

庭園内にはプチ・トランという乗り物がありますが、行列になっていてすぐに乗れないこともあるので注意が必要。

庭園内にはなんと運河もあります。

元々水が流れていたわけではなく、遠く離れたセーヌ川からわざわざ水をひいてまで作成するほどの大規模工事だったようです。

王様の発想力って庶民には及ばないほどすごいものですね。

プチ・トリアノン/フランス

image009

宮殿から徒歩で30分ほど庭園を歩いていくと現れるのがプチ・トリアノン。

しきたりだらけの宮廷生活に嫌気がさしたマリー・アントワネットが暮らしていた離宮です。

宮殿の豪華絢爛さと比べると驚くほど小規模で可愛らしい装飾の家具が盛りだくさん。

「パンがなければケーキを食べればいいのに」的なイメージとはだいぶ異なります。

旦那であるルイ16世ですらこちらには簡単に出入りできなかったらしく、まさに彼女の小さなお城ですね。

宮殿から離れている分観光客も少なくのんびり観光できますよ。

王妃の庭園/フランス

image011

プチ・トリアノンからさらに進むと王妃の庭園につきます。

こちらはマリー・アントワネットの庭園なのですが、宮廷に嫌気がさした彼女が作らせたのは田舎風の村。

庭園の中に村を作るという発想、さすがは王族です。

実際に庭園を巡ってみると小さいノルマンディー風の建物が並んでおりまさに村です。

当時はエキストラ農民までいたというから、ちょっとしたテーマパークのようですね。

宮殿とは別の意味の豪華さに唖然とします。

さて、ここまで歩いてきたからには当然戻らなければなりません。

帰りの体力もしっかり残しながら観光を楽しみましょう。

スポンサードリンク
関連キーワード
  • フランス・パリの観光名所「エッフェル塔」の構造・高さ・歴史・秘密を大特集!
  • パリで最も高い丘の街「モンマルトル」映画アメリの撮影場所まとめ
  • 世界遺産モン・サン・ミッシェルを3時間で巡る旅♪
  • 【ボラボラ島 in タヒチ】地上最後の楽園で憧れの水上コテージ!
  • オルセー美術館にて印象派の歴史を紐解こう♪
  • ヴェルサイユ宮殿徹底解説♪サクッと半日ツアー♪

フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
北海道
記事の目次北海道の象徴 大通公園「札幌時計台」正式名称は札幌農学校演舞場、札幌時計台外観開拓の歴史を刻む重要な場所、時計台のなかは資料館時計...